無電極ランプ

無電極ランプの7つの特徴まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無電極ランプ7つの特徴

無電極ランプの特徴を7つにまとめて解説します。

光の性質

HIDやLEDのように床を照らすための照明ではなく、空間全体を自然な光で均一に照らすための照明です。太陽光に近い演色性と波長を持ち、「明るさ」と「見やすさ」を両立した環境を作り出します。

省エネ効果

工場や倉庫などで一般的に使われている400w の水銀灯からの場合、120w~150w の無電極ランプへの交換で同等照度を得ることが可能です。これにより最大70%もの節電効果を得ることができます。

瞬間点灯

無電極ランプは瞬間消灯、瞬間再点灯できるランプです。必要に応じて消灯できるので、水銀灯使用時よりも節電に対する社内意識の向上が計れます。

圧倒的な長寿命

構造上、点灯により消耗する部位を持たない無電極ランプは、設置後の球交換が不要になり、電源インバーターの設計寿命である10 万時間を経過するまで、ほとんど照度が落ちません。従来必要であった球交換コストを大幅にカットすることができます。

温度が低い

最高400℃近くにもなる水銀灯と比べて、無電極ランプは80℃程度の温度で点灯しますので、照明自身が熱の影響を受けにくく、また夏場の温度上昇も抑制できることから、冷房効率による省エネ効果も期待できます。

紫外線が微量

紫外線による製品や建物の変色や劣化が少なく、人体にも影響がありません。また屋外での使用においては誘虫性低減にも高い効果を発揮することが分かっています。

環境性能

含有水銀量が水銀灯のおよそ1/12 で、水銀灯の10 倍長持ちする無電極ランプは、使用期間中の水銀消費量が水銀灯の1%以下になります。2020 年までに世界中で水銀灯の生産が中止になります。その中で保有水銀率5%未満という基準をクリアし、次世代照明として今世界中から注目を集めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料出張デモ実施中!

プロの照明アドバイザーが1社1社に合わせた最適プランをご提案します。

・専用ソフトを利用し、具体的な数字をシミュレート
・明るさ(照度)はもちろん、コストシミュレーションも事前に行います。
・取り付ける前の不安を感じないご提案。

徹底したご提案、アフターフォローにこだわります!

お問い合わせ・お見積り

コメントを残す

*